先日お話したノーローンですが、
これはA8.netのセフルバックでの申し込みで申し込みました。

申し込みは借り入れを10万円で申し込んだのですが、
審査結果は193万円で借り入れ利率は15%での借り入れが可能との結果でした。

193万円の借り入れで利率は15%・・・・・。
初めて消費者金融への申し込みをしましたが恐ろしいです。

これを借りたら間違いなく再起不能になると思います。

ただ現状の借り入れ金額を700万円で申し込んだのに193万円を借りることができるという
ノーローンの審査結果にも驚きました。
(現状の借り入れ金額700万円はサバを読んでいます・・・。)

約200万円で利率15%は楽天スーパーローンとほとんど同じです。
このプランで借りると減らない借金になることはすでに味わっているので、
絶対に手を出してはいけないなと思いました。

193万円借りられる状態にはなりますが、
所詮は自分のお金ではないです。

いままではこれを勘違いして将来の自分から前借りしているんだと、
借り入れをしてきてしまいました。

最悪時の保険としてしばらく持っていようと思いますが、
借り入れをせずに解約をしようと思います。

もうローン申し込み恐怖症になっています。
本当に怖いです。

気持ちを切り替えて節約も本業も副業も頑張ろうと思います!

いつも読んで頂き本当にありがとうございます。
これからも応援どうかよろしくお願い致します。

おか
2013.11.29 Fri l ノーローン l コメント (0) トラックバック (0) l top
やっと1週間が終わりました。

今日は3時間くらいしか寝ないで会社へ行ったので、
午前中は頭がボーっとしていました。

昨日は家に帰ってから仕事の勉強をずっとしていたので、
かなり疲労も激しかったです。

昨日ダメ出しされた業務の内容を挽回しようと午前中から意地をむき出しで仕事をしていたら、
ダメ出しをした上司から

上司『昨日はきつく言ったからお前いま焦って仕事しているだろ』

私『そうですね。でも遅らせる訳にはいかない仕事じゃないですか』

上司『気持ちはわかるけどお前ちょっと落ち着け』

私『分かりました』

上司『とりあえず関係者集めて来週一度打ち合わせしようか。
   俺も出るから昨日言ったことお前はちゃんと準備しておけ』

私『分かりました。』

上司『俺もその仕事はやらせようとは思っているよ。
   ただ計画がちゃんとしないと何も得られない結果になりそうだからな。
   やるからには結果から何か得られるようにしないとな。』

私『分かりました。よろしくお願いします。』

みたいな会話をしました。

上司もかなり気にしてくれているようなので安心しました。
最終的な判断をする上司が打ち合わせに参加するなら、
何とか仕事を推し進められそうな感じです。

意地とか気合とか感情論かもしれませんが、
人間はどうしても感情的になる動物です。

時には仕事にもこういった感情は必要だと思いました。

仕事のことはこの辺で、この後ノーローンのことをすぐに
別の記事にして紹介しようと思います。

いつも読んで頂き本当にありがとうございます。
これからも応援どうかよろしくお願い致します。

おか
2013.11.29 Fri l 返済日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は怒涛の一日でした。

今日は仕事の帰り前に上司に今やっている取り組みに対して
激しいダメだしを受けました。

遅い時間だったので周りにあまり人はいませんでしたが、
かなり気まずい雰囲気を出してしまったと思います。

おまけにタイトルにあるようにノーローンへの申し込みをしました。

先に言っておきますが、
借り入れをするためではなくセルフバックのためです。

ですが久しぶりにローン会社へ電話をすると背筋が凍る思いです。

仕事中に何度か電話が掛かってきて、
打ち合わせ中だったりしたため電話に出るときは
周りに人がいないところを探して電話したりと、
無駄な神経を使いながら仕事をしてしまいました。

この話はあとで詳しく書きたいと思います。

こんな一日の最後が上司のダメだしです。
久しぶりに屈辱的な思いを味わいました。

はっきり言って悔しいです。

でも仕事は仕事。落ち込むだけなら猿でも出来ます。
ダメ出しさせるだけまだ見込みがあると思われていると考えて、
見返すだけの資料を作ってやろうと思います!

「こっちは返済で頭抱えて仕事どころじゃないんだよ!」って
心の中で思いましたが言い訳にもなりません・・・。

むかついた気持ちをそのままそっくり仕事にぶつけてやろうと思います!

いつも読んで頂きありがとうございます。
これからも応援どうかよろしくお願い致します!

おか
2013.11.28 Thu l ノーローン l コメント (0) トラックバック (0) l top