上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
DinersClub.jpg
これまで自分の人生に縁のないカードだと思っていたダイナースクラブカードですが、
家に帰ったらダイナースクラブカードから手紙が届いていました。

こんなカード自分は持っていないぞ!?っと思ったのですが、
よく見るとANAダイナースクラブカードからの入会案内の手紙でした。

どうやらANAマイレージクラブの入会からカード申し込みの案内という流れできたようです。

ネットでちょっと調べてみましたが、
案内が来たからといって100%カード審査が通るというわけではないようです。

おそらく私の借金のことを抜きにして選んできたんだと思います。
年収ならともかく借金が900万円もある人間を選ばないと思います。

でもせっかく案内状が来たのでちょっと試しに入会に申し込んでみようかなとも考え中です。
ただ年会費が27,000円と破格の高さなんですよね・・・・・。

万が一審査が通っても維持するのが大変な気もします。

でもちょっとしたステータス性もあるカードです。
これも何かの縁だと思い申し込みする方向でチャレンジしてみようかと思います。

結果は後ほど報告するかもしれません。

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

おか
2015.07.14 Tue l クレジットカード l コメント (0) トラックバック (0) l top
セブンカードプラス

リクルートカードプラス

いま我慢しているクレジットカード発行ですが、
セブンカードプラスかリクルートカードプラスのどちらか1枚が欲しいと思っています。

理由は単純でnanacoのクレジットチャージでポイントがもらえるからという理由です。

いままでセブンカードプラスには3回くらい申し込みをしていますが全て否決されてしまいました。

なのでもし申し込むならリクルートカードプラスのほうがいいかなと考えています。

いまはろうきんの再チャレンジのために新規のクレジットカード発行を我慢していますが、
借り換えが成功したら申し込みたいです。

たぶんあと1、2ヶ月は申し込みできないとは思いますが・・・・。

nanacoにクレジットチャージしてもポイントもらえないというのはやはりもったいないので、
1円でも節約したいところですがいまはそれが出来ないのがちょっと歯がゆいところです。

でもいまは支払いを全てクレジットカードに集約して、
貯まったポイントを有効利用して買い物するというやり方が私の節約方法です。

とはいえ出来るだけカードも少ないほうがいいという矛盾した考えもあるんですが。

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

おか
2015.07.02 Thu l クレジットカード l コメント (0) トラックバック (0) l top
借金
クレジットカードで支払いをすることが多い今の私の生活ですが、
借金苦に陥る危険な支払い方法の一つにリボ払があります。

クレジットカードを所有し始めて10年近くになりますが、
恥ずかしながらリボ払いというのは多重債務に陥ってから知りました。

通常クレジットカードで支払いをするときには一括払いか分割払いの選択になると思います。

分割払いでも多少の金利は取られてしまいますが、
このどちらかの支払い方法であればクレジットカード支払いで借金苦に陥ることはまず無いと思います。

恐ろしいのはクレジットカードで一括払いで購入したにもかかわらず支払えなくなったとき、
支払い方法の変更手段としてリボ払いを選んでしまったときです。

リボ払いは毎月一定の支払額に分割して支払っていくので無理なく支払えます、
なんて思ってしまったら大間違いです。

お金を借りたか商品を購入したかの違いだけで返済方法はキャッシングとほぼ同様になってしまいます。
おまけにリボ払いの金利はだいたい18%とかなりの高金利が設定されています。

リボ払いというと言葉の感覚からキャッシングよりも何となく安心と感じてしまうかもしれませんが、
実態としては高金利のところからお金を借りて買い物しているような状態になっているだけです。

クレジットカードで1万円くらいの買い物をリボ払いに設定してしまっても、
あとから繰り上げて支払いすることも可能なので被害は少なく出来るかもしれません。

でも大体支払えなくなってしまう買い物っていうのは高額商品の支払いに限られると思います。

50万円くらいの高額商品を買ってリボ払いに設定したときには・・・・、
おそらく俗に言うリボ地獄に陥ってしまう危険性が高いです。

クレジットカードは便利ですが支払い方法は常に一括払いを心がけるのが懸命です。

万が一リボ払いにしてしまったのであれば、
金利の低いキャッシングがあればそちらに借りてまずリボ払いを清算するのも一つの手段です。

キャッシングというと抵抗があるかもしれませんがリボ払いよりも金利が安いキャッシングも多いので、
まずは利息による損失を下げるということが大切です。

もしキャッシングがないとしたらとにかくリボ払いを繰り上げて早く清算してしまうこと。
そして何よりも無理な買い物はしないように気をつけることが大切です。

私自身これからもクレジットカードは所有していくと思いますが、
こういったことには注意して活用していこうと思っています。

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

おか
2015.06.21 Sun l クレジットカード l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。